家族写真の年賀状の1つ私なら送らないなぁなんて

学生時代、友人との話題になったことの1つに年賀状がありました。家族写真の年賀状とか恥ずかしいよねー、私なら送らないなぁなんていう話、女性なら一度は経験した話題の1つだと思うんですが、いざ結婚して家庭を持つ年齢になると、年賀状にも性格が表れるものだなぁと感じます。その昔、写真入りなんて送らないと言っていた人はやっぱりそうなんですよね。でも、子供が高校生くらいになっても家族写真の年賀状を送っている人もいて、それはそれで仲の良い家族だと思うし、子供も抵抗がないことに凄いと思わされたりもします。そして、問題になるのが、そういった仲睦まじい写真の年賀状をどうするかということで、身近な人とは話にくいこともあるのか、匿名掲示板でも盛り上がる話題の1つだったりします。個人情報満載の年賀状、子供の名前と写真まであればそのまま捨てることに抵抗を覚える人も多く、かといってシュレッダーにかけるのも躊躇する気持ちがある、そんな意見が溢れています。貰う相手が困るようなものは送らないようにすれば済む話だとも思うんですが、送る方は見て貰いたいから送るわけで、送られた方も嫌な気持ちになりつつ裁断するという結果になっているような気がします。勿論、不要なものは処分するという徹底した考え方の人は写真入りだろうとなんだろうと迷わず処分!という場合もあるとは思うんですが、皆が皆そう割り切れるものでもないでしょうし、写真を切り刻むのって抵抗がある人も多いと思います。年に一度、私たち家族は元気に幸せに暮らしています、そういう報告って決して悪いものじゃないし、昔と変わらず頑張っているんだなぁと思わせてもくれます。でも、それをわざわざ写真用の高い葉書に印刷をする時に受け取る側のことは考えないのかな?とも感じてしまいます。もしかしたら、そういう年賀状を送る人は、自分が受け取った年賀状を処分するということもなく、大切に取っているから、相手もそうだろうと思っている可能性もなくはないわけで、価値観の違いでもあるのかもしれません。結婚をした時、子供が生まれた時、そんなタイミングの時だけ写真入りならわからなくはないんですよね。お祝いをくれた方が遠方だったりすると報告するにもしやすいですから。でも、結婚後一貫して家族写真入りの年賀状をくれ続ける友人がいると、いつまで続けるのか?ということも楽しみになってきている昨今です。一番下のお子さんが成人するくらいまで続きそうな感じですが、そうなると孫の写真に変わったりもするのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です