年賀状を出す時に会社で年賀状を作ることになったらあれこれ考えてしまった

今はネットの時代である為、何かあった時の挨拶や用事などはメールで済ませてしまう事が多いと思います。
それも時代背景なのかもしれませんが、なんだか寂しい気もしますね、自分もネットを使っていて言うのもあれですが・・・。
ネットなどがない時代は、年賀状なども手書きが当たり前だったと思います。

親戚や仲間が多かった為、若い頃はその年賀状を頂くのがとても楽しみでありました。
人によって色んな書き方、文体があり個性も感じられる、何より温かみがある、つまり気持ちがこもっていると言いましょうか。
そういう年賀状を頂くと心が穏やかになるんですよね。中には筆ペンできちんと書かれる方もいたり、その年の干支をそれこそ絵のように筆ペンなどで書かれる方もいたり、干支のハンコを押して何か一言書かれる方もいたりと様々でした。
今の年賀状は干支は最初から印刷されているし、ちょっとした文言が書かれていたりもする、そう考えれば便利なものだとは正直思う所もあります。
パソコンなどがあり、住所や名前を登録していれば、あとは入力してプリンタに年賀状を入れて印刷すればそれで出来てしまう時代でもありますよね。
便利さの反面、勿論便利になる事は良い事でありますが、やはり気持ちが感じられないと思うのもまた事実だったりします。
人それぞれライフスタイルの変化で、生き方やそれに伴うやり方も色々ではありますけどね。

あとは年賀状と言えばお年玉付きが魅力であったりもしますよね、私は残念ながらこれまでの人生で一度も何かが当たったためしはないのですが・・・。
近年は結構賞品もよく、宝くじは当たらずとも何か年賀状で当たらないものかと毎年思っているのですが(笑)。
親戚でいつも年賀状を頂くご高齢のおじさん、私が小さい頃から大好きなおじさんですが、当然自分もいい歳で、そりゃあの若く元気なおじさんも「歳はとるわな」と思いつつ、今も手書きできちんと書いてくださいます。もう手書きの
年賀状をくださるのはそのおじさんくらいかもしれません、そして小さい頃からですが今もそのおじさんが書いてくださる年賀状が一番楽しみだったりします。書く時に手が震えたりしてるんでしょうね、字がぐにゃぐにゃだったりしま
すが、なんだか泣きそうになるくらい嬉しいものです。いつまでも元気でいてほしい、そんな願いであります。

改めて「手書きはあったかいな」歳をとればとるほど、そんな気持ちになっていく、私も歳なのかと思う次第でもあります(笑)
今年はどんな年賀状が来るんだろう、今から楽しみでもあります。

会社に努めていた際、年賀状のデザインを頼まれた。
といってもイラストレーターやフォトショップを使って作るようなものではない。
なにかフリー素材を使って適当に作って欲しい、と言われたけれど、そのほうがどれだけ面倒か・・・。
検索で一番に出てきたのは郵便局の年賀状作成サイト。
とりあえず見てみるか、と開いたら、結構機能が充実していてびっくり!

そんな時は、年賀状安いネット印刷おすすめランキングさんが参考になりますね。

適当なイラストを選んで作ったらあっという間に年賀状のデザインが完成してしまった。
それを年賀はがきに印刷して送るわけではなく、画像データとして年賀メールに貼り付けるとのこと。
それならばインク代を気にせず・・・と、バックのカラーなどをしっかり入れてデザインを完成させた。
これならパソコンが苦手な親でも作りやすいんじゃないかなぁと実家に帰ったときにこのサイトを紹介したところ、これでしっかりつくった年賀状が翌年のお正月に届いた。
かなり楽しく作れたようで、あれば来年も利用して作るとのことだった。
いつもは本屋さんにおいてある年賀状の作成ソフトを購入して作っていたようだけれど、こうしたフリーのサイトのおかげでそういった出費がどんどん削られていく。
イラストなどはもちろん限りがあるので、同じように作っている人と出逢えば同じような年賀状をみることになってしまうだろう。
しかし、自分たちの写真をつけて送るような年賀状を作らない親世代にとっては、年賀状は出すことが目的になっているもの。
イラストがかぶるとか、同じような挨拶文をテンプレートで使っているからといってもあまり気にならないらしい。

確かに年賀状が届いたときに見ているのは「誰から届いているか」という名前の部分だ。
もちろん写真などがあれば「元気そうだ」とか「旅行に行ったのか」など一言会話が増えるが、お互いの生存確認のような年賀状はそんなにこったものでなくても良いようだった。
自分はといえば年賀状の習慣は殆どなくなってしまった。
今でも年賀状として送るのを好んでいる友人と、年賀状だけをつながりとしている親戚ぐらい。
メールやラインでかんたんに連絡できるようになった現在、お正月は特別だけれど特別じゃなく成ってきている感もある。
子供の頃はもっと年賀状を楽しみにしていたな・・・たぶん、誰かの手書き文字を見るのも楽しみだったし、絵が上手い子は素敵だったし、自分に当てられたメッセージが楽しみだった。

好きな人から届くものなら、なおさら。
それでもなくならないのは、メールが苦手な親世代と、メールという危機を持てない子どもたちがいるからかもしれない。
メールを使いこなす世代が上にも下にも広がったら、消えてしまうかもしれないなぁ、なんて思ったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です